雑談

古道を歩く【谷京(焼尾)峠】②

【導入】前回の続き 突然現れた水田跡でしばらく時間を過ごす。 “水田”という、現代でも聞きなじみのある言葉がイメージさせる情景が、 この古道が当時の人々の“暮らしの道”であったことを納得させる。 “穀物”という生活の糧を …

雑談

古道を歩く【谷京(焼尾)峠】①

先日、長野県天龍村為栗(してぐり)と同県飯田市南信濃を結ぶ古道「谷京(焼尾)峠【やきょうとうげ】」のトレッキングに赴いた。 “古道”というぐらいだから、今はもう使われなくなった昔の通行路であり、車など文明の利器がなかった …