養鶏

“選択できる”ということ【後編】

鶏の解体は、都内で「ル・ジュジュ」というレストランを営まれている鈴木シェフにご指導いただいた。ひね鶏(廃鶏のこと)は皮がかなり固くなっているため、羽毛ごと皮を剥ぐ方法をとった。羽毛を纏った鶏は、やっぱりまだ鶏で、目の前に …

養鶏

”選択できる”ということ【前編】

長野県下条村で「親田高原のたまご屋さん」を営んでいる畜産農家の絹田さんを訪ねた。周囲は果樹園に囲まれた見晴らしの良い高原で絹田さんご一家は生活されていて、主に採卵鶏の養鶏を営まれている。一般の方の参加を募り、廃鶏にする鶏 …

雑談

狩猟の”これから”について考える②

前回記事で書いたような狩猟の未来では二極化の動きが出てくるのではないかと考えています。 その二極とは、”有害鳥獣駆除捕獲に特化していく動き”と、”純粋に狩猟という営みを求める動き”です。 この二者でいくと、前者が圧倒的大 …

雑談

狩猟の“これから”について考える①

「狩猟を取り巻く状況が今後どうなっていくのか」ということは、狩猟を実際にやるようになってから常に考えてきました。 「観察・考察・推察・洞察を繰り返し、それによって導き出された未来を想像し、その上で自分がどうありたいのか、 …

狩猟

鴨撃ちへ

この日はグループでの巻き狩りが終わった後、日没まで時間があったので、近くの川へ鴨撃ちに行ってきました。 この日以前にも2回トライしていたのですが、まぁ見事に外していて、今度こそはと三度目の正直。 脂ののってきた鴨を食べた …

雑談

どんな狩猟をしたいのか

先日、 「どうして狩猟をやるのか」 という問いに対して浮かぶ思考を観察・整理するというメソッドをやってみた、という内容の記事を書きました。(→「狩猟をやる理由」) そのときに出し切った思考マップを一旦寝かせ、頭をリセット …

雑談

とある一日

前日から降り出した雪は翌朝になっても降り続けていました。 この日は猟友会支部全体での巻き狩り共猟でしたが、悪天候の影響もあり途中で中止となりました。 積雪の影響か、もしくは獣がいなかったのか、 いつものような猟犬たちの鳴 …

狩猟

【4猟期目】単独単犬修行vol.7

今回も初めての山に行ってきました。 年明けに三重の猟師であるSさんから学んだいくつかのヒントを意識しての単独単犬猟。 気づきと発見がいくつもありました。 南向きの日当たりの良い山腹を進み、途中から稜線まで上がり、そのまま …

道具

ヘッデン考察

最近使い始めたヘッドライトの調子がかなり良いので、少し紹介したいと思います。 そもそもヘッドライトの重要性に気が付いたのが、狩猟をやり始めて2年目あたり。 今が4年目なので、ヘッドライトを使用し始めたのはほんの少し前の話 …

狩猟をやる理由

先日、「狩猟をやる理由」というテーマ設定で、自分の思考を観察するワークをやってみた。 現在読み進めている、 「言葉にできるは武器になる」 という梅田悟志さんの著書が非常に興味深く、今回行った思考観察法も本書の中で紹介され …