日々狩りブログを見てくださっているみなさまへ

日々狩りブログを見てくださっているみなさまへ

2020年4月13日
考えること。

突然ではありますが、このブログを見てくださっている方で、山肉(シカ、イノシシ)を食べてみたい、欲しいという方にストックしてあるお肉をお譲りします。

今、僕が生活している地域はけっこうな山奥です。新型コロナウイルスによって巻き起こった波の影響は、今のところ、都市部に比べれば少ない方だと思います。加えて、狩猟をやりながら、野山で日々の糧を得る知恵と経験を蓄積してきたおかげもあって、仮にこの先、物流が完全にストップしてしまっても、何とか食料面では食いつないでいけそうな気はしています。当時はまさかこんな事態になることを全く予想していなかったわけですが、4年前に、直感に従って今の場所に移り住んだ自分を褒めてやりたい気持ちです。また都市部に戻っていたらと考えると…あのときの選択は間違いではなかったなと実感しています。

そんな、いわゆる3密とは縁遠い環境下にいながらも、各メディアで、世界の状況、国内の状況を目にします。とは言え、それらの情報にはあまり入れ込みすぎないように、実際に都市部で暮らしている家族、友人、知人と直接やり取りして得られる情報を、つまり彼らが今まさに目にしていること、肌で感じていることを信用に足るものとして自分の中に取り入れています。そして先日、緊急事態宣言が全国に拡大され、これからしばらくの間は不要不急の外出自粛という姿勢が一人一人に求められることになりました。

《社会全体というマクロ視点》~《個人として、人としてというミクロ視点》までの在り方が強く問われていて、大げさなことを言うと、人類が試されている気がしています。同時にこれからあらゆることが大きく変容していくのではないか、という予感もしています。そんな状況下で、今自分はどう在るべきか、今自分にできることは何だろうか、ということを考えているわけですが、とりあえず、自分が無理なく影響を与えられる範囲で、アクセスできる人たちに対して行動してみよう、という結論に至っています。こんな状況だからこそ、恐怖や不安をエネルギー源として行動するよりも(世の中で起こっている買い占めとかはおそらくこっちのアクションだと思います)、信頼とか愛とかをエネルギー源として行動した方が明るい未来が待っている、と感じています。なんだか恥ずかしげもなくくさいことを言っていますが、割と本気でそう思っています。

このブログを見てくださっているみなさんの中には、僕のことを知っている方もいるでしょうし、全く知らないという方もいらっしゃると思います。日々狩りブログのアクセス数規模も今のところはそれほど広くなく、僕個人の力でもなんとかやり取りができそうな感じです。という、良い感じの条件が揃っているので、ひとまず、このブログを起点に行動してみようと決めました。

今の自分が持てるもので、他者に与えられるスキルや価値が何かと言うと、真っ先に思い浮かぶものは狩猟で得た経験、知識、そしてお肉です。経験と知識はこのブログ内のコンテンツとしても継続的に発信していますので、お肉を送って、受け取ってくれた方が「嬉しい」とか「美味しい」と感じてもらえたら、そのことで少しでも家にいる時間を楽しめて、鬱々とした気持ちが晴れて楽しいものになるのなら、それでOKじゃないか、と思っています。

ということで、冒頭でも書いた通り、罠猟で捕獲し、解体した鹿や猪の自家消費しきれないストック分のお肉を、このブログを見て下さっていて、希望する方にお譲りします。

知り合いの若手猟師さんの協力を得ながら続けてみようと思います。この場を借りて、お礼を言います。ありがとう。

どうしたら美味しいお肉になるか、ということについては最大限配慮しながら、解体、精肉、下処理していますので、きっと美味しいはずです。

お肉の代金は要りません。

このことをきっかけにつながれた人たちと、今流行りのオンライン飲み会とかできたら楽しそう。コロナ禍が収束したらオフライン飲み会もやってみたいですね。

1人1人に、それぞれの、困難の壁が立ちはだかりそうですが、
視野を広く、角度を変えて、この状況を飛び越えていきましょう。

【以下詳細】

gnt@hibikari-blog.com

  • お名前
  • 郵便番号
  • ご住所
  • 連絡先
  • 希望配達日時(もしあれば)

お肉をご希望の方は、必要事項明記の上、上記のアドレスにメールを送ってください。

鹿肉もしくは猪肉をお一人500g~1kg程度のブロック肉で、部位は問わず、冷凍便でお送りします。

着払いでの郵送になりますので、郵送料は自己負担となります。ご了承ください。