雑談

狩猟において“与える”はあるのか

ここのところ、 「狩猟という営みにおいて、命をもらうことはあっても、果たして自分は何か与えているのだろうか?」 ということを考えている。 狩猟で肉という糧を得るために、野生動物の命を奪う。 肉を得て、 皮を得て、 骨や角 …

雑談

日々狩り好日

4猟期目が2/15で閉幕しました。 今猟期も例にもれずあっという間に終わってしまいました。 そして猟期が明けたと同時に、新たなスタートを切ることになりました。 以前の記事(「どんな狩猟をしたいのか」)でも書きましたが、こ …

養鶏

“選択できる”ということ【後編】

鶏の解体は、都内で「ル・ジュジュ」というレストランを営まれている鈴木シェフにご指導いただいた。ひね鶏(廃鶏のこと)は皮がかなり固くなっているため、羽毛ごと皮を剥ぐ方法をとった。羽毛を纏った鶏は、やっぱりまだ鶏で、目の前に …

養鶏

”選択できる”ということ【前編】

長野県下条村で「親田高原のたまご屋さん」を営んでいる畜産農家の絹田さんを訪ねた。周囲は果樹園に囲まれた見晴らしの良い高原で絹田さんご一家は生活されていて、主に採卵鶏の養鶏を営まれている。一般の方の参加を募り、廃鶏にする鶏 …

雑談

狩猟の”これから”について考える②

前回記事で書いたような狩猟の未来では二極化の動きが出てくるのではないかと考えています。 その二極とは、”有害鳥獣駆除捕獲に特化していく動き”と、”純粋に狩猟という営みを求める動き”です。 この二者でいくと、前者が圧倒的大 …

雑談

狩猟の“これから”について考える①

「狩猟を取り巻く状況が今後どうなっていくのか」ということは、狩猟を実際にやるようになってから常に考えてきました。 「観察・考察・推察・洞察を繰り返し、それによって導き出された未来を想像し、その上で自分がどうありたいのか、 …

狩猟

鴨撃ちへ

この日はグループでの巻き狩りが終わった後、日没まで時間があったので、近くの川へ鴨撃ちに行ってきました。 この日以前にも2回トライしていたのですが、まぁ見事に外していて、今度こそはと三度目の正直。 脂ののってきた鴨を食べた …