謹賀新年

謹賀新年
2020年1月1日
gen

皆様、あけましておめでとうございます。

どんな年末年始をお過ごしでしょうか?

今猟期も折り返し地点まできました。残すところあと半分。

今猟期から目標に掲げていた、
「一銃一狗」で猪を獲る。

この目標を達成できるのか、あるいは達成できなくともどれくらい近づけるのか。

とにかくひたすら山に入り、経験を積むしか道はなさそうです。

秋頃から、山の中での様子を動画としてアップしていましたが、
編集もままならない状態でやってきました。

見るに堪えないものだったと思います。

先日、知り合いの方から動画編集について教えてもらい、
「Aivutl」というフリーソフトを導入しました。

簡単ではありますが、
これでカット、接続、エフェクト、テロップ等の編集作業が可能になりました。

早速、セパレートだった別々の動画をつなげるなどの編集作業をしてみました。

拙いものですが。

動画の位置付け

日々狩りチャンネルにアップしている動画は、
基本的にはブログの中で使う素材であり、コンテンツの一部として考えています。

メインコンテンツは日々狩りブログであって、
記事の中で、写真や、写真の代替として動画を挿入することでより臨場感を持たせた記事にしたい。

ただブログという「読みもの」として発信したいので
動画の比重が重くなってしまうと、そちらに割く時間も加増してしまうし、
動画自体が長編で内容も濃い場合、「文章」の必要性は薄まってしまいます。

文章が主体、動画は補助という位置づけで、
そのバランスを見ながら、ブログとして完結させたいと考えています。

その一方で、
例えば「解体動画」のようなハウツー的な映像は尺をしっかり取って、
動画単体として完結させるつもりでいます。

固まってきた方向性

結局のところ「命と食」というテーマが根底には存在していて、
「狩猟」をその表現手段として捉えています。
もしかすると狩猟以外にもその表現手段を今後得るかもしれません。
薄っすらとそんな気はしています。
例えば、【合鴨をみんなで捌いて食べた】とかは「体験」として参加されたみなさんに伝わるものがあった実感がありました。

日々狩りブログや日々狩りチャンネルでトライしているのは、
その部分を「言葉」や「映像」というツールを使って伝えていくということ。

そのアプローチの仕方にチャレンジしているわけです。

自分なりの解釈で、自分なりの伝え方をいろんなものの組み合わせで生み出したいな、と。

考え方にしろ、技量にしろ、何においてもまだまだ未熟なので、
日々失敗、日々研鑽です。

まさに日々狩り(広く探し求める)です。